ひとりだけの図工室

描いたり作ったり

「そらたかく」を描きました-絵って何だろう②

f:id:satoo44:20200802130146j:plain

MDP-100 そらたかく

ミニアートだんだんプロジェクト(MDP)ついに100点目を昨日8/1に達成しました。軽く多忙につき1日1点がキツくなっていて少し遅れての到達です。(8月はひまそうでーす)

 

私にとっての絵とは何か

 まだシリーズ②なのに結論から言ってしまいましょう。

他の絵描きさんのことは一切忘れて申し上げます。
常識、一般論、決まり、慣習、その他もろもろを自分から外してのことです。

「私の脳細胞の”ひとつぶ”を受け取った人が、ご自身の脳にそれをカチっとはめて面白がるさまを私が楽しむ。」

以上。

 

(笑)

 

結構長い苦悩がありました

 どうやら他の画家さんと苦悩の方向が違う。

皆さんの方向性もそれぞれ違いますし、それに向かって努力を惜しまない美しさには絶大な敬意を持っています。

でも私にはそれができない。がんばりたい方向がなかなか決まらない。
向上心はあるのにどこをどう精進するべきなのか、何を好きと言えるのか、何のために絵を描いているのかと、絵を始めてからの悩み歴15年が過ぎようとしていました。

このMDPが今や中型の箱にゴロゴロと、ザルですくえるほどあります。
それは「売れてない」ということですけど、その箱を眺めたり持って重さを感じてみたりと感覚を味わうのが妙に楽しいのです。

「これ、私の脳みそだ。」

 

誉められベタでごめんなさい

 あまのじゃくな私でも褒められればうれしいものですが、やっぱりあまのじゃくなので、かわいい!きれい!元気を貰えます!と言われると、なぜかけなされたようにしか思えない。

なんで?
ひどい人でなしだ私は。

それで最近、以前展示でご一緒された方の言葉を思い出しました。
その方はご無沙汰しているうちに亡くなられたそうで、遅れての感謝の届け方がわからず無念を噛み締めます。

「一体どんな脳みそなんだろう!どうしたらこんなことが出てくるのか!」

少年のようにキラキラした初老の瞳で、私のへんちくりんな絵を面白がってくださったのです。
それを聞いた私は宇宙を飛び回るほど嬉しかった。
一緒に遊べた気がした。

そう、それなんです。それを思い出しちゃったんです。

 

説明できない絵だからしかたないよね

それで「こいつら何者?(MDP)」と、箱を抱えて何かを感じようとしたり(笑)、1点1点もどう説明したらいいのか、文章にできない語彙のなさを嘆いていました。

ひっくるめて「私の脳みそだ!」

って、通じるでしょうか。(笑)

それでも強気w

価格は格安ですが、簡単に買って欲しくはない。
ほらまたあまのじゃくが出てきます。

嫌なのは「義理買い」。「社交辞令買い」。「安さ買い」。

望ましいのは・・・

「この人の脳細胞を一個だけ、自分の脳みそに組み込んだら、どうだろう!」

と、ワクワクしてくれたら最高なんです。それを私も面白がりたい。
つまり、私のために売っているから安くしています。
買わなくてもインスタで日々アップしているMDPを眺めてご自分の脳みそにインしちゃってくれたら、私も楽しい。

日本のあそことここで、世界の誰かに、こんな脳みそを見つけたかった、という人のために。静かに、こっそりといつか届きますように。

 

https://www.instagram.com/satoo_yoshimi/

 

MDP以外もあります。

4-prism.com

 

制作記録を兼ねた作品販売サイトを運営しています